大 会 長 ご 挨 拶

一般社団法人日本外傷歯学会
第11回日本外傷歯学会西日本地方会総会・学術大会
大会長 島田 拓矢
京都市立病院診療部

 
この度、第11回(一社)日本外傷歯学会西日本地方会総会・学術大会を2021年11月21日(日)、ハートピア京都で開催させていただくこととなりました。本学会における京都での開催は初であり、私にとっても京都市立病院にとっても大変名誉なことであり、木村光孝理事長をはじめ、会員の皆様、関係各位の方々に厚く御礼申し上げます。

本大会のメインテーマは「口腔の立場からフレイルを考える」といたしました。超高齢社会を迎えた現在、高齢者医療に特有の新たな課題が生じております。具体的にどのような問題があるのかを客観的にとらえ、その課題に対し、我々はどのように解決できるのかを考え、本学会から新たな方策が発信できる契機となるような大会になることを期待しております。特別講演では京都市立病院感染症科の山本舜悟先生に「口腔と感染症」、教育講演では静岡県立総合病院歯科口腔外科の足立守安先生に「高齢者における顎顔面外傷」をテーマにご講演をいただきます。 学会開催時の京都は気候もよく、最も紅葉が美しいシーズンです。学会会場の徒歩圏内には京都御所があり、周辺にも紅葉の名所が多くございます。学会で最新の情報を収集した後には秋の京都をご堪能いただけますと幸いです。現地開催を念頭にしておりますが、新型コロナウイルス感染症の状況により、開催形式の変更など柔軟な対応を考慮に入れて鋭意準備を進めております。会員の皆様にご迷惑をおかけするかもしれませんが、実りある学会になるよう様々な分野から多くの皆様にご参集くださいますようよろしくお願い申し上げます。

タイトルとURLをコピーしました